「自測自健(じそくじけん)」のススメ

  • TOP
  • 血圧
  • 春先も注意 家の中の大きな寒暖差が、血圧に悪影響

春先も注意 家の中の大きな寒暖差が、血圧に悪影響

 家の中ではゆっくりくつろぎたい。誰しもそう思いますが、住宅環境によっては健康がおびやかされる可能性があります。気をつけたいのが家の中の寒暖差。その危険性と対策を、建築環境工学を専門とする慶應義塾大学の伊香賀俊治先生にお聞きしました。また、「ヒートショック」を防ぐための備えについてもご紹介します。

足元が寒いと最高血圧が9mmHg上がる!?

 一般に、室温が下がると血圧は上昇します。だから冬の寒さは、高血圧や心疾患をきっかけとする住宅内死亡の危険性を高めます。寒さがのこる春先も、注意したほうがよいでしょう。
 暖かい部屋から寒い廊下に出て、寒い脱衣所で服を脱ぎ、熱いお風呂に入ったときなどに起こる「ヒートショック」はよく知られていますね。血圧が乱高下し、心拍数も急激に変化して、脳出血や脳梗塞(こうそく)、心筋梗塞の原因になります。

 大事なのは、家の中に温度差を作らないこと。日本では居間しか暖房をつけなかったり、こたつしか使わなかったりする人が多いですよね。これが実は危険。廊下、トイレ、脱衣所の寒さのほか、気をつけるべきは足元です。
 暖房をつけても熱は上のほうにたまってしまうため、上下の空間で温度差があります。私の研究室とオムロンヘルスケアなどとの共同研究(※注1)によると、断熱性能の低い住宅では、床上1.1メートルの空間の温度が20度あっても、床上10センチあたりの温度は平均15度しかありませんでした。
 足元の温度が10度の室内で過ごしている人は、20度の人に比べて最高血圧の平均が9mmHg上がるという結果が出ています。9mmHgの上昇がすぐに病気を引き起こすわけではなくても、それが何年か積み重なれば、動脈硬化など循環器系疾患につながる恐れがある。足元を温かくするのは特に重要ですね。

伊香賀俊治教授

家の暖かさが心臓や脳の疾患を防ぐ

 暖房をつけても足元から冷えてくるのは、隙間風のせいとは限りません。外の冷気が窓や壁、床から伝わり、暖かい室内の空気が冷たい気流になる「コールドドラフト現象」も要因の一つ。暖かい空気は上昇する性質のため天井付近にたまり、コールドドラフト現象による冷たい空気は足元にたまる。室内に寒暖差が発生してしまいます。これは家の断熱性が低いと起こる現象ですね。断熱とは、床、壁、天井に断熱材を入れ、窓に複層ガラスなどを用い、家の保温性を高めること。断熱性が高い家は、暖房をつけたときに熱が逃げにくく、部屋の上下にも温度差ができにくいのです。

 断熱性を高めるリフォームは大規模な工事ではありませんが、200万~300万円のまとまったお金は必要になります。気軽にすぐできる対策としては、トイレや脱衣所に暖房器具を置いて、家の中に温度差を作らないようにすることです。あとは、ホームセンターなどでプチプチの梱包材を買って窓に貼る。あれも断熱材の代わりになりますからね。
 2014年度の人口動態統計の数字から出した「冬季死亡増加率」(※)は、全国平均で17.5%。これを都道府県別でみると、地域差があります。北海道が約10%なのに対し、北関東の栃木県は25%と高い。比較的温暖な地域に比べて北海道や東北の増加率は低い。これは、断熱住宅の普及率が高いためでしょう。北海道は85%近くの住宅が、二重サッシまたは複層ガラス窓のある高断熱住宅。この結果からも、断熱性の重要さが見てとれます。

 
※冬季死亡増加率=12月から3月の4カ月間の月平均死亡率を、4月~11月の月平均死亡率で割り、100をかけた値。出典は国の人口動態調査(2014年度)

寝室が寒いと、翌朝の血圧が上昇

 寒い寝室で寝ていると、翌朝の血圧に悪影響をおよぼします。就寝中の平均室温が10.5度の人は、20.5度の人と比べて翌朝の最高血圧が7mmHg高いという調査結果が出ています(※注2)。大抵の人は、寝るまでは暖房をつけるけれど、寝るときに切るので室温が下がってしまう。布団の中だけ暖かくてもだめなんです。部屋の冷たい空気を吸い込むと、肺が冷えて体の中から冷えてしまいます。布団から出ている頭が冷えるのもよくない。断熱性が高い家に住むのがベストですが、エアコンやホットカーペット、床暖房、ヒーターの類いでも、就寝中の室温を保てますね。

 また、断熱性能が低い家の人ほどトイレの回数が多い傾向があります。断熱改修後の夜のトイレの回数が改修前より減ったというデータもあります。頻尿を防ぐためにも、室内の暖かさが大事です。トイレも暖かいほうがいいですね。夜のトイレは、寒い廊下に出たり、排泄(はいせつ)のとき立ったりしゃがんだりして、血圧が乱高下しやすい。夜だと家族は寝ているので、万が一体調が悪化しても気づかれない可能性もあります。
 現在、日本には約5200万軒の家があります。国の省エネルギー基準で断熱性能や空調設備が定められていますが、その基準を満たしている家はわずか5%。血圧の上昇原因といえば、塩分の摂りすぎや運動不足、緊張やストレスはよく知られていても、住宅の室温の重要性はあまり知られていません。
 家の断熱改修を行った約500人分のデータをとったとき、改修前に比べて改修後は、住む人の血圧が約2.8mmHg下がったという数字も出ています。高断熱性の家は健康にいいだけではなく、省エネにもなるので、もっと普及してほしいですね。

※注1)「住まいと健康」に関する共同研究 慶應義塾大学・自治医科大学・オムロンヘルスケア・OMソーラー共同研究成果
※注2)「住まいと健康」に関する共同調査 第2弾報告 慶應義塾大学・自治医科大学・オムロンヘルスケア・OMソーラー共同研究成果
   

プロフィール

伊香賀俊治(いかが・としはる)

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科教授。早稲田大学大学院修了。専門は建築・都市環境工学。国土交通省や厚生労働省などの建築関連政策に関する委員を務める。

浴室や脱衣所の暖房で、急激な温度変化を防ぐ

 ヒートショック対策の一つに、寒い浴室や脱衣所を暖かくすることが挙げられます。たとえば大阪ガスのガス温水浴室暖房乾燥機「カワック」(希望小売価格:64,800円(税込み)~ ※2018年3月時点、取り付け費など除く)は、温風によっておよそ5分以内に浴室温度を5度から約25度まで上昇させることができます。ユニットバスに限らず、古い住宅のタイル張り風呂などでもすばやく暖められると同社担当者。また、ミストサウナ機能がついた「ミストカワック」(希望小売価格:113,400円(税込み)~ ※2018年3月時点、取り付け費など除く)では、暖かいミストが浴室内にくまなく行き渡るため、温風暖房よりもスピーディーに冷えた床や壁を温めることが可能です。

「カワック」のイメージ(大阪ガス提供)

 どちらも入浴前に運転させることが大切ですが、浴槽のお湯張りをすると自動的に暖房運転が始まる機能もあります。同社が実施した利用者へのアンケートでは「入浴時にヒートショックを起こさないよう脱衣所も含めて暖めている」「お風呂に入る前から暖めて、楽に入ることができるようになった」などの声が寄せられているそうです。
 カワックやミストカワックは、新築やリフォームの時はもちろん、現在お住まいの住宅に後付けすることもできます。担当者は「ほかにも、寒くなりがちな脱衣所を暖める暖房機やガス温水ラジエーターなどもありますので、急激な温度変化を避けるよう対策を講じていただけたら」と話しています。

自測自健とは

自分の体の状態を自分で測る。健康を保つための新習慣を考える

健康状態を知るためには、血圧や体重、体脂肪率など、さまざまなデータを測ること。
しかも、人間ドックや健康診断の時ではなく、毎日「自分で測る」ことが大切です。

トレンドニュースby 朝日新聞デジタル

関連記事