「自測自健(じそくじけん)」のススメ

  • TOP
  • 血圧
  • 低血圧とされる数値はどれくらい?気になる定義と対策

低血圧とされる数値はどれくらい?気になる定義と対策

   

監修者プロフィール

伊藤メディカルクリニック院長
伊藤 幹彦 先生

東京医科大学卒業後、東京医科大学第2外科(心臓血管外科)入局。東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科や東京警察病院外科医長などを経歴し、現在は伊藤メディカルクリニックの院長を務める。これまでの術者としての経験をもとに、全身管理の大切さをモットーとし、健康維持への貢献を目指している。

 高血圧が問題視されることは多いですが、低血圧が問題にされることはあまり多くありません。しかし、低血圧は、立ちくらみやめまい、食欲不振などの症状を引き起こす原因になります。今回は、そのような低血圧の基準や数値について紹介します。また、日常でできる対処法もあわせて紹介します。

そもそも低血圧の定義とは?

 血圧とは、血液が血管壁を押す力のことです。血圧測定では最高血圧と最低血圧を測定することをご存知の方も多いことでしょう。一般的に最高血圧が重視され、最高血圧が低いことは、それがそのまま病的な状況とはならないことが多く、低血圧は重視されない傾向にあります。とはいえ低血圧の方で、めまいや立ちくらみなど、日常生活に支障を来たす方がいるのは事実。ここでは、低血圧の定義や、その基準となる数値、さらには低血圧の種類と低血圧になる要因などについて説明します。

低血圧の基準
 一般的に最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が60mmHg以下を低血圧と呼んでいます。低血圧は生死に関わることの多い高血圧と比べて緊急性が低いことから、それほど問題視されることがないのです。

 もっとも、基準値となる数値がある以上、低血圧の傾向にある人にはさまざまな症状が見られます。中には緊急性を要するものもあるので、自覚症状のある人は、できるだけ早く循環器内科あるいは内科で診てもらうようにしましょう。

低血圧の種類
 低血圧の種類には大きく次の4つの種類があります。

・本態性低血圧
低血圧の中でも約9割を占めます。原因疾患といった特別なものを伴わず、慢性的に血圧が低い状態です。体質的な問題が多く、本人が低血圧を自覚していても、特に症状に悩まされていなければ特別な治療は必要ありません。

・起立性低血圧
座った状態、あるいは寝ている状態から急に立ち上がったときに、立ちくらみやめまいを起こすものです。この状況は、血液が下半身から心臓に戻りにくくなることで起きます。また、最高血圧と最低血圧の差が大きくなることでも起こるので、高血圧の人でもこのような症状が起こることがあります。

・二次性(症候性)低血圧
外部からの要因によって起こる低血圧です。極端な例ですが、交通事故などケガによる出血、心臓病などの要因、さらには薬剤投与による低血圧症が起こる場合があります。

・食後低血圧
食後に限り、血圧が低下する状態のことです。食中や食後は消化・吸収のため、胃に血液が集まります。そのときに低血圧の人は心臓に血液が戻りにくくなる状態になります。症状として食後にだるくなったり、胃もたれや吐き気などをもよおしたりすることがあります。高齢者に多く見られ、3人に1人は食後低血圧症とされています。

低血圧になる要因
 一般的に考えられるのが、体内の血液が不足することです。その原因としては、脱水症、出血、腎障害などがあります。血液も水で作られていますから、脱水症はそのまま血液の減少につながりますし、水分が少なくなることで血液がドロドロになり、血流が悪くなることで低血圧になりやすいのです。出血や腎障害(大量に体液が尿として排出)などは物理的に血が少なくなることで低血圧になると考えられています。

 他にも体力の衰え、筋力の衰えなどで血液の流れが悪くなったり、貧血から低血圧になったりすることもあります。また、心臓がポンプの役割を果たしている以上、心疾患など心臓に関わる病気の多くが低血圧の要因になることも多いと言われています。

低血圧が原因の症状ってどんなものがある?

 低血圧が原因によるさまざまな症状と疾患について説明します。

低血圧の自覚的症状
 自覚症状としては、めまい、立ちくらみが低血圧の最たるものとなります。他にも寝起きが悪い、疲労が抜けないといったことも低血圧と結びつく場合がありますが、生活習慣などさまざまな要因が考えられるため、一概に寝起きが悪いだけで低血圧とは言えない場合もあります。

 また狭心症も、低血圧の症状と考えていい場合があります。狭心症は心筋に血液が十分に送り届けることができず、胸の痛みが起こるというのが症状です。

 極端な例では、血圧が低くなりすぎると、最初に機能不全となるのが脳です。脳は人体の中でももっとも高い位置にあるため、脳に血液を送り届けるためには、当然ですが重力に逆らわなくてはいけません。しかし血圧が低く、重力に逆らえなくなると、めまいや立ちくらみ、ひどいときには失神してしまうこともあるのです。

低血圧が引き金となって起こりうるこんな疾患も
 頻脈、不整脈などの心臓に関わる病気は低血圧が原因とされる場合があるので、慢性的で問題ないといっても低血圧はやはり克服する必要があると言えるでしょう。

日常生活の中でできる対策

 低血圧は、緊急性がないということで軽視されがちですが、低血圧が原因となるさまざまな疾患があります。低血圧はまた、日頃の行動で克服できることも多いので、日常生活の中でできる対策を説明します。

生活習慣を見直す
 寝起きが悪いことを低血圧のせいにするといったことを聞いたことはありませんか?もちろん低血圧の人は寝起きが悪いとされていて、それは間違いではありません。しかし、寝不足が原因のケースも多々あり、寝起きが悪い人の大半は夜更かしをしている傾向にあるようです。ですから、まずは夜更かしをする生活のスケジュールを改め、早起き型になるよう生活習慣を見直しましょう。朝少しでもさわやかに起きられると時間に余裕が持てますし、規則正しい生活に近づくことができます。低血圧の改善に役立つことも間違いありません。まずは夜型から朝型に生活習慣を変えるようにしましょう。

 また、日頃の運動は大事です。疲労を蓄積させない適度な運動が低血圧の改善に有効と考えられています。良い生活習慣のリズムの中に、ぜひ軽度な運動を取り入れるようにしましょう。

栄養価の高い食事を摂る
 低血圧の人は朝が弱いので、朝食を摂らない人が多い傾向にあります。朝の摂食エネルギーが少ないので血圧も上がりにくく、低血圧の悪循環となってしまうのです。そのため、朝起きたら日の光を浴びて体内リセットを行い、さらに水を飲むことで、胃や腸が活動を開始し、体のスイッチが入るのです。なかなか難しいかもしれませんが、朝から栄養価の高い食事を摂るように心がけましょう。朝が無理なら昼食で、というように妥協点を作ることも忘れずに。朝食では特に、タンパク質やカロリーを摂るための肉・魚・白米・卵・ヨーグルトなどがおすすめです。果物や野菜も食べると栄養バランスが整い、尚良しです。朝食を摂ることで自律神経を刺激し、さらには血液循環を促すことができます。
糖尿、高血圧、高脂血症など生活習慣病の治療を行っている人は、医師や管理栄養士と相談しましょう。

ストレスを和らげる
 低血圧が続くと、何に対してもやる気が起きず、何もしないのに疲れやすくなります。過度なストレスを受けている場合も同じような症状になることが多く、ストレスが低血圧を生み、さらに低血圧がストレスを生むことがあります。この場合、低血圧の改善も必要ですが、ストレスを和らげることも大切です。気分転換をする、趣味に没頭するなどして、ストレスを極力発散するように心がけましょう。

まとめ
 低血圧は、高血圧と比較して、すぐに生死に関わることではないということで軽視や後回しにされがちです。しかし、ひとり一人が気をつけることで低血圧の改善へ近づくことができます。血圧の数値を気にしながら、まずは低血圧の症状をなくすように毎日の対策を習慣づけていきましょう。

自測自健とは

自分の体の状態を自分で測る。健康を保つための新習慣を考える

健康状態を知るためには、血圧や体重、体脂肪率など、さまざまなデータを測ること。
しかも、人間ドックや健康診断の時ではなく、毎日「自分で測る」ことが大切です。

関連記事