「自測自健(じそくじけん)」のススメ

  • TOP
  • 血圧
  • 低血圧は何科で診てもらえばいい?病院へ行く基準と主な病状

低血圧は何科で診てもらえばいい?病院へ行く基準と主な病状

   

監修者プロフィール

伊藤メディカルクリニック院長
伊藤 幹彦 先生

東京医科大学卒業後、東京医科大学第2外科(心臓血管外科)入局。東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科や東京警察病院外科医長などを経歴し、現在は伊藤メディカルクリニックの院長を務める。これまでの術者としての経験をもとに、全身管理の大切さをモットーとし、健康維持への貢献を目指している。

 朝が起きるのがだるかったり、日中眠気によく襲われたりする場合、低血圧の疑いがあります。そんな低血圧ですが、実際に何科で相談すべきかわからないという方も多いのではないかと思います。今回は、低血圧の場合に行くべき診療科と病院へ行く基準について紹介します。

低血圧の診察は循環器内科

 低血圧の原因としてはいくつかのものが挙げられますが、多くの場合、循環器系の異常が原因となります。そのため、低血圧の症状が現れたら循環器内科を受診するのがおすすめです。
もともと低血圧の人は別ですが、急に何かしらの原因があって低血圧を起こしたような場合は脳や全身への血流を維持しようと心拍数が上がり、自身の体で落ち着かせようとする働きが人間には備わっています。
酸欠による眠気、息切れ、心拍数の増加による動悸などがある場合は、慢性的な変化よりも急性の変化と考えて原因検索や治療をするなど、なるべく早めに受診するようにしましょう。

循環器内科で診察する理由
 後述のとおり低血圧にはいくつかの種類がありますが、血液の流れに何らかの異常が生じているということが共通点となります。そのため、高血圧や不整脈などの疾患と同様に循環器内科に受診をすることが推奨されます。

 しかし、低血圧は高血圧や不整脈に比べると命にかかわるような重大な疾患を引き起こす危険性は低く、循環器内科でなければ診察ができないということはありません。とりわけ内科や神経内科で診察を行っている医師は、低血圧に関しても問題なく診察ができることが多いため、近隣に循環器内科がなければ内科や神経内科を受診してしまっても特に問題はありません。

自律神経の働きに支障をきたしている場合は精神科などへ
 人間の活動の中でも意思や意識が関係しないものは自律神経がその働きをつかさどっており、血液の流れにもまたこの自律神経が大きな影響を与えています。そのため、この自律神経に異常が生じた場合も低血圧の症状が現れることがあります。

 このような自律神経の異常を原因とする低血圧は季節の変わり目などに生じることが多く、気温の変化が激しくなる3月や9月ごろに低血圧の症状がみられるようになったら、その原因が自律神経であることを疑い、精神科などを受診してみるのもよいでしょう。

低血圧の種類について

 単に低血圧といってもその種類はさまざまであり、主に以下の4つに分類することができます。続いては、これらの種類ごとの症状や発症メカニズムを確認していきましょう。

本態性低血圧
 「一次性低血圧」と呼ばれることもある「本態性低血圧」は特定の疾患が伴わず、この種類の低血圧症に悩む方は血圧が低い状態(最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が60mmHg以下)が慢性化していることが殆どです。また、本態性低血圧は遺伝がかかわるケースがあることもわかっており、自覚症状がなくても両親が低血圧の方は注意が必要です。

 一方、すべての低血圧患者の約9割を占めるといわれているほど本態性低血圧の患者は多いですが、人によっては健康診断で毎回低血圧気味だといわれても、冷え性や虚弱体質といった低血圧症らしい症状は特に実感したことがないという方も少なくありません。よって、本態性低血圧だということがわかっても自覚症状がなければ過度に心配する必要はないでしょう。

起立性低血圧
 急に立ち上がったときや激しい運動をし始めたときにめまいや嘔吐などの症状が現れる低血圧症を「起立性低血圧」と呼びます。この症状は下半身にたまっていた血液が心臓に戻りにくくなるために起こり、普段は低血圧ではないという方でもこのような症状が現れることがあります。

 この起立性低血圧は、神経系の障害が原因であることが多い「特発性起立性低血圧症」と、糖尿病や心筋症、心臓弁膜症などの特定の疾患が原因となる「二次性起立性低血圧症」の2種類に分けることができます。このうち突発性起立性低血圧症は朝礼で倒れてしまう子どもが発症しているケースが多く、体重が軽い人ほど症状が現れやすいという特徴もあります。

 一方、二次性起立性低血圧症は上述した疾患の症状のひとつとして生じることが多く、健康な人が突然発症することは稀です。また、場合によっては精神安定剤や降圧剤などの薬の副作用としてこの症状が現れる場合もあります。

二次性低血圧
 特別な原因疾患を伴わない低血圧を「一次性低血圧(本態性低血圧)」と呼ぶのに対し、疾患やケガなどを原因とする低血圧を「二次性低血圧」と呼びます。

 「症候性低血圧」とも呼ばれる二次性低血圧は、一次性低血圧に比べると原因がわかりやすいという特徴があり、具体的なものとしては大量の出血を伴うケガや心臓病、胃腸疾患による栄養不良、内分泌の異常などが挙げられます。また、がんの末期に表れることが多い低血圧の症状もこの二次性低血圧によるものが多いということがわかっています。

食後低血圧
 食後に食べ物を消化するために胃の周辺に血液が集中することで心臓に十分な血液が戻らなくなると「食後低血圧」の症状が現れることがあります。この類いの低血圧は一時的なものではあるものの、倦怠感や吐き気、眠気、立ちくらみといった症状が現れる場合もあるため注意が必要です。

 また、この食後低血圧は高齢者が発症しやすいという特徴があり、約3人に1人の高齢者にこの症状がみられることもわかっています。また、寝たきりの高齢者や普段あまり動かない高齢者は、食事をするために体を起こしたりすることでこのような症状が現れやすくなることもあるため、水分を多くとったり、ゆっくりと姿勢を変えるといった対策をする必要もあります。

低血圧の判断基準

 低血圧の症状であるめまいや倦怠感などは、低血圧以外の疾患が原因となっている可能性もあります。そのため、これらの症状が現れたからといってすぐに低血圧だと判断してしまうのは危険です。続いては、低血圧であることを疑い、検査や治療を受けるきっかけとなる判断基準と、低血圧の主な症状、治療法をみていきましょう。

検査や治療が必要な基準
 率直にいってしまうと、低血圧の定義というものは存在しません。一般的には最高血圧が100mmHg以下だと低血圧と判断されることが多いですが、この条件を満たさなくても低血圧の症状が現れる場合はあるため、これだけを判断基準としてしまうのは危険です。

 このことから、低血圧の検査や治療を受けるための判断基準としては、「最高血圧が100mmHg以下」という点だけでなく、後述する低血圧の主な症状の有無に関してもひとつひとつ確認するのが有効です。

出典:いずみの病院HP「低血圧症」(http://www.izumino.or.jp/sick/circulatory/hyt.html

主な症状
 低血圧の主な症状としては以下のものが挙げられます。

a.めまい、立ちくらみ
低血圧の症状として特に多いのが「めまい、立ちくらみ」です。頻繁に症状が現れる場合は低血圧であることを疑い、検査や治療を受けることをおすすめします。

b.全身の倦怠感
低血圧が慢性化しやすい本態性低血圧や食後低血圧では、全身に倦怠感を感じることが多くなります。また、それと同時に肩こり、頭痛や疲労感などの症状が現れ、朝起きにくくなるということもあります。このことから、広い意味での倦怠感を長期間にわたって感じるようになったら、それが低血圧によるものだと考え、早めに検査や治療を受けるのがよいでしょう。

c.失神
低血圧が重症化すると失神のような重い症状が現れることもあります。低血圧の症状としての失神はめまいや立ちくらみに続いて生じることも多く、一度でもその症状が現れたら検査、治療を受けることをおすすめします。

低血圧の治療方法
 低血圧の治療方法には薬物療法と生活習慣の改善によるものの2種類があります。薬物療法では、低血圧の原因を特定したのち「昇圧剤」などの薬物を投与しながら症状の改善を図ります。

 一方、薬物療法を行っても改善できないケースでは、生活習慣を改めながら症状を緩和するという措置がとられることがあります。この治療方法では運動をして筋肉をつけることやバランスの整った食事をとることが推奨されます。

自測自健とは

自分の体の状態を自分で測る。健康を保つための新習慣を考える

健康状態を知るためには、血圧や体重、体脂肪率など、さまざまなデータを測ること。
しかも、人間ドックや健康診断の時ではなく、毎日「自分で測る」ことが大切です。

関連記事